人気ブログランキング |

きょうは・・・

主人の母の誕生日です。
92歳になりました。

ここから先は、あまり楽しい話ではないし、長くなりそうなので、スルーしてくださって構いません111.png

長年独り暮らしを頑張ってた義母ですが、色々あって、
今は病院にいます。
長年暮らした家を離れてもう数年。
介護付有料老人ホームに入居したものの、誤嚥性肺炎を起こし、病院へ・・・。
そんなことを数回繰り返し、結局、経鼻栄養となり病院か我が家かとなりました。
その時点で、既に日常生活は自発的には出来ず、介護の生活。
主人がまだ働いていたことや私では一人で動けない義母の介護は基本的には無理 との判断で、
病院でお世話になっています。
今の病院にお世話になって1年が経ちました。
老人ホームにいる時から、主人は基本的には毎日行っています。私も一緒に・・・。
今は病院ですので介護介助の必要はなくなりました。
でも、だからこそ、主人は放っとけないのだと思います。
一緒には暮らしてないけど、家族だからね! と分かってもらうために・・・。
また、そうせざる負えなくなってしまったことが辛いのかもしれません。
それは分かっているので、主人が行けない日も、出来るだけ私が代わって・・・。

この春から主人は隠居生活(笑)となり、毎日行くのは変わりませんが、
私の機嫌を見ながら?、よさげな日は誘い、
危なそうな日は(笑)「行って来る!」と出かけています129.png
それぞれの性格や母親との関係も違うので、比べるのがいいのかはわかりませんが、
私はたぶん、絶対?、そんなに寄り添えないと思います。

13年前に北九州に転勤になり、私たちは実家と同じ市内に住むことになりました。(区は違いますが)
こちらへの転勤希望を出していた訳では全くありません。
今思えば、本当に不思議です。
その時こちらに転勤になっていなかったら、今の状況はどうしたんでしょう・・・。
ま、その時にはその時の答えが見つかったとは思いますが・・・。
主人が営業をそのままやっていれば、まずこちらへの転勤はありませんでした。
主人には不本意な転勤ではあったのですが、まだ義母が元気に動き回っている時の転勤で、週1、いえ月2くらいのペースで様子を見に行く感じでした。
大歓迎?をしてもらい、お料理をたくさん作ってもらい、私たちは食べる人です!!(笑)
義母はお料理がとっても上手な人だったので、以前から私は食べる人、洗う人、片付ける人に徹していました129.png
また、主人は次男なので、私たちは今の状況はあまり考えていませんでした。
もちろん長男夫婦に押し付けるつもりは全くありませんでしたが・・・。
義兄夫婦は関西にいますし、結局、義母の今に寄り添うのは私たちとなりました。
もともと義母と離れて生活している義兄たちの日常には義母の事はなく、様子を尋ねてくることもほとんどありません。
そんな母親がかわいそうと思っているのか、自分が後悔しないようにかは分かりませんが、
本当に主人は一生懸命です。
ちょっとでも現状維持が出来れば・・・、少しでも生きる意欲につながってくれれば・・・等、
カンファレンスの度に「車椅子でちょっと外に出すとかできませんか?」と尋ねました。
それは、療法士や看護師の方の手を煩わせるのではなく、許可さえ取れれば自分がすることが前提の提案でした。
でも、現実は関節が固まりつつある状態の義母の身体は、ド素人の主人にはなかなか扱う事が簡単ではないのです。
それでも、主人の気持ちを察して、週2回のリハビリ、と言っても良くするためではなく現状維持をできるだけ長くするためのものなんですが、週2回の内の1回は、私たちも行って3人がかりでベッドに座らせ、主人が横に座って身体を支えて2・30分座らせると言う事を始めました。
主人は一生懸命です。
身体のことを分かってらっしゃる、そして身体の自由が利かない人を動かす時にただ力任せにするのではなく、腰に負担が行かない方法などもご存知の療法士なのに、たぶんある意味わがままを言っている主人としては自分で何とか・・・と思ってか、ベッドに横にする時などは力任せに主人がやるんです。
確かに男ですから力はありますが、そんな簡単なことじゃない!!と思っていました。

そして・・・
実は、主人は先週末から突然腰が痛くなり、身体を曲げてないと痛いらしく、
歩く時は地を見てるの?と思いたくなるくらい、身体を曲げて歩いています。
伸ばせないんです。曲げてると痛くないらしいんです。
だから、車は運転できます、一応。
歩くのは辛いのに、病院まで車で行く事は続いています。
車を止め、病院内を歩くのも辛そうなのに・・・。
日にち薬かと思って様子を見てましたが、日に日にひどくなっている感じさえします。
昨日、「整骨院でも整形外科でもいいから行って!!」とお願いしました。
そして、一応、カイロプラスティックへ行き、
「骨盤がずれてる」とのことだったみたい。
施術してもらい、腰の痛みは和らいだが足の付け根がまだ痛いみたいでしたが、「1回でいいでしょう。」と言う事で帰って来ました。
d0355043_23505797.jpg


さて、どうなったと思います?
よくなるどころか益々・・・。
それでも今日も義母の病院に行った主人です。
お誕生日だからね119.png
何もわからないとは思いますが、何かの刺激になればと、
枯れない(笑)お花を持って行きました。
テーブルはいろいろな物が置いてあるし邪魔になってはと思い、壁に両面テープで留められるようなものを捜しました。
d0355043_23471804.jpg







主人は、病院の入り口を入ったら身体を曲げて一休み、廊下を手すりを使いながら移動して一休み、エレベーターで一休み・・・。
良くなるどころか今までより悪くなったのでは?
それでも今夜はお通夜に行くと言う!!
「皆に心配かけるからやめてよ!!」と言ったらやっと諦めてくれましたが、
明日午前中に近所にある以前私がかかったことがある整形外科に行って、午後のお葬式に出るとか・・・。
友達を大事にする人ですからそうだろうなあ~とは思いますが・・・。
ま、明日の診断次第ですね(笑)

老々介護の一端でした!!(笑)

Commented at 2017-07-22 11:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 310haha at 2017-07-23 00:53
naturalさん、コメントありがとうございます。
私よりも少し後ろを来られているみたいですから、こんなこともあるんだ!みたいに読んでいただけて良かったです。
お花で少し刺激になれば・・・と思いましたが、表に見える形では変化なし!
こんな形で生かされている義母を見ていると、私たちの選択が良かったのかどうかをいつも考えさせられています。たぶん主人はもっと感じているから、一生懸命なのだと・・・。
1つ1つの選択が正しいかどうかはわかりませんが、後から後悔しないために精一杯今できることをと思っている私たちです。
by 310haha | 2017-07-21 23:57 | 老後生活 | Comments(2)

楽しい事を数えつつ、ストレス発散のつぶやきです


by 310haha
プロフィールを見る
更新通知を受け取る